• Challenge Cybersecurity

    using Psychology-based Approaches

    情報セキュリティインシデントやサイバー犯罪にかかわる人間の心理を明らかにし、

    その成果を活かした対策を提案することで、セキュアな社会の確立に貢献することを目指します。

  • 研究テーマ

    人間を対象とした実験・調査やリスク分析を通して、各研究課題に取り組んでいます。
    【情報セキュリティ教育】 
      ・社員の情報セキュリティ意識向上を目的としたゲーム型教育プログラム
      ・社員の情報セキュリティポリシー遵守促進を目的としたコミュニケーション促進ツール
      ・青少年に対する効果的な情報モラル教育プログラム
      ・フィッシング詐欺被害防止に効果的な教育プログラム
    【情報セキュリティインシデントや対策に関する心理・要因】
      ・グループ企業内の会社の情報セキュリティ対策実施を左右する要因
      ・グループ企業内のセキュリティインシデント情報の共有に関する阻害要因とその対策
      ・社員の情報セキュリティポリシー違反とインシデント再発との関連
    【適切な情報行動を促すナッジ】
      ・企業の情報セキュリティ対策進捗を目的とした管轄官庁主導の促進策
      ・社員の情報セキュリティコンプライアンス遵守を促すナッジ
      ・行政手続のデジタル化普及に有効な市民に対する働きかけ
    【情報の取り扱いにおける信頼の問題】
      ・SNS上でのDisinformation(悪質な誤情報)拡散に関する心理要因
      ・SNS上での意図しない自己情報開示を誘発する要因
      ・個人情報の取り扱いについての利用者の認知や満足度を高める施策

  • News

    【2021年10月16日】11月13日(土)にオープンキャンパス@Zoomが開催される予定です。2年生鈴木さんによる稲葉研紹介のほか、個別相談コーナーがあります(稲葉、床波さん&田代さん対応)。ご関心のある方はお気軽にお申込みください。

    https://www.iisec.ac.jp/event/opencampus21aform.html

    【2021年10月13日】情報処理学会11月合同研究会(11/8・9)で発表

    「Disinformationによる情動伝染が二次的な社会的共有に及ぼす影響」鈴木・稲葉
    「在宅型テレワークにおける情報セキュリティポリシーの違反要因の調査」床波・稲葉
    「自治体による電子行政サービス普及に寄与する取り組み」田代・稲葉

    【2021年8月8日】8月14日にオンライン説明会+模擬授業@Zoomが開催されます。模擬授業を担当します(「人の行動を考慮したセキュリティ重視のデザインやマネジメント」)。ご関心のある方はお気軽にお申込みください。

    https://www.iisec.ac.jp/event/202108websetsumeikai.html

    【2021年5月14日】5月29日にオープンキャンパス@Zoomが開催される予定です。2年生鈴木さんによる稲葉研紹介のほか、個別相談コーナーがあります(稲葉、1年生の田代さん対応)。ご関心のある方はお気軽にお申込みください。

    https://www.iisec.ac.jp/event/2021onlineopencampus21s.html

    【2021年5月9日】新メンバー情報を更新しました。

    【2021年4月14日】今年度も新しいメンバーが加入しました。新しいメンバー等、情報更新は来月はじめの予定です。

    【2021年3月20日】新型コロナ感染対策の下、修了式が執り行われました。マスクを外した一瞬を撮影!(修了証書が上下逆なところは稲葉君らしい・・・)撮影は学長です。

    【2021年3月12日】稲葉君の修士研究が(修了生対象の)「研究奨励賞」を受賞しました。おめでとう!

    【2021年2月22日】ISSスクエアシンポジウムで稲葉君がISSスクエア賞(2年生向け修論評価)、古殿さんが研究奨励賞(1年生向け)を受賞しました。おめでとう!

    【2021年2月17日】2月20日(土)に修論等発表会がZoomで開催されます。ご関心のある方はお気軽にお申込みください。→多くの方にご来訪いただきました。ありがとうございました。

    【2021年2月】情報処理学会CSEC研究会で発表予定

     「グループ会社の情報セキュリティ対策実施を左右する要因の分析」古殿・稲葉

     「 高校生に対する効果的な情報モラル教材に関する研究(第2報) 」稲葉啓太・稲葉

    【2020年12月20日】稲葉君のテーマである、高校生への情報モラル教育に関する研究の実験が無事終了しました。ご協力いただいた方には御礼申し上げます。

    【2020年11月25日】情報処理学会SPT研究会で発表

     「 高校生に対する効果的な情報モラル教材に関する研究 」稲葉啓太・稲葉
     「 グループ企業におけるインシデント情報連携を阻害する要因の分析」木下・稲葉
    【2020年10月23日】CSEC第88回研究会(2020年3月)で発表した田崎君の研究が、CSEC優秀研究賞に表彰されました。

    【2020年10月21日】11月7日にオープンキャンパス@Zoomが開催される予定です。2年生木下さんによる稲葉研紹介のほか、個別相談コーナーがあります(稲葉、2年生の木下さん、2年生の稲葉君対応)。ご関心のある方はお気軽にお申込みください。

    https://www.iisec.ac.jp/event/2020onlineopencampus20a.html

    【2020年9月25日】リクルートスタディサプリで「情報セキュリティ心理学」の授業体験動画が公開されました。

    https://shingakunet.com/syakaijin/tokushu/0001871886/index.html

    【2020年8月26日】新型コロナウイルス感染状況を鑑み、今年度の合宿は中止しました。代わりに、十全な対策をした上で来月の中間発表会の発表練習をしました!(右写真)

    【2020年6月6日】「情報セキュリティ大学院大学WEBオープンキャンパス」では研究室案内

     動画もあります。この動画はたった1分、ですので「もっと知りたい」と思われた方は、

     是非ご連絡ください。

     ◇公開予定日時 6月6日(土) 10:00~(約1か月程度)
     ◇公開サイト http://www.iisec.ac.jp/  ※トップページのニュース欄からジャンプします。

    【2020年4月29日】稲葉研究室紹介が大学ホームページで公開されました。 

     https://www.iisec.ac.jp/admissions/weeklypickup/inaba_lab.html
    【2020年3月21日】菊池君、岡嶋さん、田崎君が修士課程を無事修了しました。

    【2020年3月12・13日】情報処理学会CSEC研究会で発表

     「サブスクリプション型 ITサービス提供におけるセキュリティリスクコミュニケーショ

      ン」藤井・稲葉
     「情報セキュリティ教育の効果に対する教育項目および方法の影響」萩谷・稲葉
     「複数のSNSアカウント利用時における意図しない個人特定に関する要因分析」

      田崎・稲葉 

    【2020年2月1日】ICCMBで藤井さんがoral presentation

     "Survey of Specification Explanations about the Risk of Data Handling in Cloud Translation Services" Fujii & Inaba

    【2019年9月19日】情報処理学会SPT研究会で菊池君が発表

    「中小金融機関における情報セキュリティ向上のためのリスク評価」菊池・稲葉

    【2019年8月24-25日】稲葉研初合宿です。右写真は緩い発表の様子、下写真は集合写真(写真には写っていませんが稲葉君も参加)。

    【2019年6月7日】日本セキュリティ・マネジメント学会第33回全国大会で藤井さんが発表

    「クラウドサービスの利用規約における品質説明についての一考察」 藤井・稲葉

    【2019年5月22日】2019年度新入生歓迎会を開催しました(右写真)。

    【2019年5月8日】新メンバーのプロフィールを公開しました。

    【2019年3月20日】ゼミ小旅行に行きました。

    【2019年3月8日】情報処理学会SPT研究会で萩谷さんが発表

    「従業員に対する安全なSNSの利用方法についての教育用ゲームの効果検証」 萩谷・稲葉

    【2019年2月22日】ISSスクエアシンポジウムで萩谷さんが3冠(ベストチーム賞(ネットワーク分科会)、研究奨励賞、ベストポスター賞)を達成しました!

    【2018年11月2日】情報処理学会SPT研究会で萩谷さんが発表

    「情報セキュリティ意識向上を目的とした企業内教育用ゲームの検討 ―パスワード強化を例に―」 萩谷・稲葉

  • 研究室メンバー

    教員:稲葉 緑

    ・情報セキュリティ大学院大学 准教授(2017年4月~)

    ・国土交通省運輸審議会 運輸安全確保部会 専門委員

    ・総務省サイバーセキュリティ人材育成分科会構成員

    ・博士(心理学)(名古屋大学, 2009)

    【コメント】2018年度より研究室を開設しました。学生共々、よろしくお願いします。

    D:佐伯 宏

    【研究テーマ】インターネットサイトに掲示されている個人情報保護方針や情報の取扱いプロセスは、企業側で構築されたものであり、利用者側の理解や認識には大きなズレが存在すると考えられる。このギャップを明らかにし、利用者の認知と満足度を高める施策を提案する。

    【博士課程での目標】これまでの業務を通じて得た知見を学術的に検証し、社会の問題解決に役立つ研究と提言を行う。

     

    D:藤井 みゆき

    【研究テーマ】外部のITサービスを利用するときに、利用者はサービスのセキュリティ品質をどう把握するか、逆に提供者は利用者にこれらをどう伝えるか。両者の間の品質コミュニケーションのあるべき姿を探求し、提案していきます。

    【博士課程での目標】単に過去の知識をまとめ上げるだけではなく、新しい知をどう生み出すか。それには「産みの苦しみ」があるでしょうが、それを味わい、かつ楽しみながら乗り越えていければと思います。

    M2:鈴木 悠

    【研究テーマ】ソーシャルメディアで意図して拡散された偽情報(dis-information)の社会的影響力を低減するための有効策について研究します。

    【修士課程での目標】これまでの社会人経験で得た実践的スキルに、大学院で得られる多角的な知識と学術的な実証を積み重ねることで、社会問題の解決に貢献します。

    M2:床波 大貴

    【研究テーマ】情報セキュリティ分野における、人に起因して発生する事故を題材にした、再発防止活動から得られた教訓を適切に水平展開する方法について研究します。他分野の先行研究を調査した上で、情報セキュリティ分野への応用方法を導出します。

    【修士課程での目標】研究では情報セキュリティのもつ特性を踏まえ、自分なりの答えを導き出したいです。また、授業や学生交流から多くを学び、課題発見力と解決力を高め、実務に活かしていきたいです。

    M1:田代 雄也

    【研究テーマ】利用者にも行政にも価値のある行政手続のデジタル化を実現するためにはどのような視点が必要か、セキュリティと心理学の視点から研究します。

    【修士課程での目標】研究や授業、新しい人との出会いなど、大学院生活でしか得られない経験を楽しみたいと思います。ここでしか得られない経験を、今後の仕事にもいかしていけるよう、がんばります。

    客員研究員

    豊富な実務経験と高いスキルを活かし、稲葉研究室で研究を深めたり、研究室の研究や教育に協力したりいただいています。

    ・小林 哲さん(専門:制御システムのセキュリティマネジメント)

    ・萩谷 文さん(専門:セキュリティ教育や情報セキュリティマネジメント)

    ・岡嶋裕希さん(専門:企業における情報セキュリティマネジメント)

    ・菊池大地さん(専門:金融機関における情報セキュリティマネジメント)

    ・木下英治さん(専門:グループ企業内における情報セキュリティマネジメント)

    修了研究
    【2018年度】
    萩谷 文「従業員に対する効果的な情報セキュリティ意識向上のための教育」
    【2019年度】
    岡嶋裕希「従業員のセキュリティ意識向上のためのコミュニケーション方法に関する研究」
    菊地大地「中小金融機関における情報セキュリティリスクと対策の評価」
    田崎洋祐「複数のSNSアカウント利用時における意図しない個人特定に関する要因分析」

    【2020年度】
    稲葉啓太「高校生に対する効果的な情報モラル教材に関する研究」
    木下英治「グループ企業におけるインシデント情報連携を促進する手法の提案」
    小松瑤子「グループ会社の情報セキュリティ対策実施を左右する要因の分析」